So-net無料ブログ作成
検索選択

第3の性感帯の実践者の声と映画『奇跡のひと マリーとマルグリット』チャリティ試写会に紀子さま・佳子さまが出席 [性感帯事件]

ご機嫌いかがですか? 


葉山美希さんの第3の性感帯のくちこみは、「使いものにならない」などといった実践者の声も知ってはいたのですが、調べてみました。

マイナスの評判はウソでした!


ステップは3段階。必ずリンク先をチェックして下さいね(^^)


詳細はこのページのリンクからご確認下さい。
↓↓

優良教材葉山美希さんの第3の性感帯のくちこみレビューはこちら
トップページから、ご覧ください。




とは言いながら

いつもどおりの朝メシはモチモチのご飯と、ハムエッグと赤味噌のおみそしる
朝はこれに限るなあ。

いつもどおりは13分で食べ終わり、8時50分にマンションを飛び立ちました。

いつもとは違うホエールズマートに入店して、ドクターペッパーをGET(^^)v
普段通りのルーチンですから(^^)。


勤務先について、毎日の日課であるニュースをチェックしてみると

今日のニュースはこちら

↓↓

映画『奇跡のひと マリーとマルグリット』チャリティ試写会に紀子さま・佳子さまが出席

 歴史に名を残したヘレン・ケラーと奇しくも同時代に生きた一人の少女、マリー・ウルタン(1885年~1921年)。フランスのロワール地方の片田舎の貧しい家庭に生まれ、生まれつき目も見えず、耳も聞こえず、何の教育も受けないままに育っために口をきくこともできないマリーと、そんな彼女の教育に短い命を捧げた修道女マルグリットの感動の実話を描いた『奇跡のひと マリーとマルグリット』。さる5月19日(火)には東京有楽町朝日ホールで、秋篠宮妃紀子さまと次女の佳子さまをお迎えし、チャリティ試写会が行なわれました。

 ――聴覚障がいの少女たちに教育を与える修道院にやってきた三重苦の少女マリーと、不治の病を抱えながら教育係をかってでた修道女マルグリット。困難の末、言葉を獲得したマリーだったが、永遠の別れが迫っていた――。19世紀末のフランスに実在したふたりを描く“もうひとつ”のヘレン・ケラー物語、『奇跡のひと マリーとマルグリット』は6月6日(土)、シネスイッチ銀座ほかにて全国ロードショー。
(この記事は音楽(CDジャーナル)から引用させて頂きました)

なるほどね~

カンケーないね?

という事で。

葉山美希さんの第3の性感帯の実践者の声と言えばこれ?

↓↓





これも良いか?
↓↓





nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。