So-net無料ブログ作成
検索選択

第3の性感帯の評価と<ハーグ条約>ネットで親子面会システム 政府構築は世界初 [性感帯事件]

やっほーです!


葉山美希さんの第3の性感帯のひみつレビュー特集中です(^^)
↓↓

優良教材葉山美希さんの第3の性感帯のレビューはこちら
トップページをご覧ください。


葉山美希さんの第3の性感帯のひみつは、実は全く効果が無い?
そんな評判も聞きましたが、実際には凄い効果です!


長寺 忠浩さんが自信を持って世に送った情報教材葉山美希さんの第3の性感帯のくちこみを
超お得な特典付きでお届けしています。



購入前はいろいろご意見は、あるでしょうけど、実際のところは・・・
詳細はこのページのリンクから、本サイトへ飛びご確認下さい。
↓↓

優良教材葉山美希さんの第3の性感帯のくちこみレビューはこちら
トップページをご覧ください。


話はかわって

本日の超食・・・じゃ無かった^^;
朝食は炊き立てのご飯と、だしまきたまごと赤味噌のおみそしる
最高のメニューです。

本日はゆっくり15分掛けて食べ終わり、9時ジャストに自宅をおさらば

一番愛想の良いセブンについつい入ってしまい、ソルマックを買いました(^^)
これが無いと、調子狂います。


勤務先に到着すると早々に、日々の日課のニュースチェックしてみると

今日のニュースはこちら

↓↓

<ハーグ条約>ネットで親子面会システム 政府構築は世界初

 外務省は1日、国際結婚の破綻などで国境を越えて連れ去られた子どもの扱いを定めたハーグ条約に基づき、外国で離れて暮らす親子がインターネット上で面会できるシステムの運用を始めた。同省によると、政府がネット上の面会システムを構築したのは世界で初。

 新システムは、親子がパソコンやスマートフォンに専用のアプリをダウンロードして利用する。テレビ電話のように、顔を見ながら全員が会話することができる。

 面会には第三者として、外務省が委託する専門の支援者がネット上で立ち会う。不適切な発言があれば、強制的に会話を遮断できる権限がある。

 ハーグ条約は日本で昨年4月に発効。政府は同条約に基づき面会支援を行っているが、子どもと暮らす親が別の親との対面に抵抗感を持つケースもあり、新システムを開発した。同省は「支援者が立ち会うことで、両親が安心して交流できる」と説明。豪州などが関心を示しており、情報提供を行う意向だ。【小田中大】
(この記事は政治(毎日新聞)から引用させて頂きました)

なるほどね~

どないなってんねん・・・^^;

という事で。

葉山美希さんの第3の性感帯のひみつって言うからにはこれ?

↓↓





これも良いか?
↓↓
碓氷と彼女とロクサンの。<碓氷と彼女とロクサンの。> (ファミ通文庫)




nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。