So-net無料ブログ作成

第3の性感帯のひみつとアストンマーティン、日本法人設立のワケ [性感帯事件]

いつもお世話になっております。


葉山美希さんの第3の性感帯の批判レビュー特集中です(^^)
↓↓

優良教材葉山美希さんの第3の性感帯のレビューはこちら
トップページをご覧ください。


葉山美希さんの第3の性感帯の批判は、実は全く効果が無い?
そんな評判も聞きましたが、実際には凄い効果です!


長寺 忠浩さんが自信を持って世に送った情報教材葉山美希さんの第3の性感帯のくちこみを
超お得な特典付きでお届けしています。



購入前はいろいろご意見は、あるでしょうけど、実際のところは・・・
詳細はこのページのリンクから、本サイトへ飛びご確認下さい。
↓↓

優良教材葉山美希さんの第3の性感帯のくちこみレビューはこちら
トップページをご覧ください。


とは言いながらも

定例どおりのあさごはんは筍ご飯と、鯵の開きと白味噌のおみおつけ
朝食の三冠王ですよね。

定例どおりは9分で食べ終わり、8時40分にわがやを飛び出しました。

普段と違うファミマに気にすることもなく寄って、ジョージアのカフェオレをポイントでゲット(^^ゞ
朝はこれで、やる気になれるんですよね。


店舗に着いたら、ルーチンワークのニュースを見てみると

今日のニュースはこちら

↓↓

アストンマーティン、日本法人設立のワケ

 「アストンマーティン」と聞くと、たいていの人は映画『007』を思い浮かべるだろう。主人公ジェームズ・ボンドが駆るイギリス生まれの流麗な超高級スポーツカーだ。

【詳細画像または表】

 そのアストンマーティンで新しい経営トップが誕生したのが2014年秋。前任のウルリッヒ・ベッツ氏から、CEO(最高経営責任者)を引き継いだのが、元日産自動車で商品企画統括部門の副社長だったアンディ・ パーマー氏である。パーマー氏は、アストンマーティン本社のある場所からわずか5マイルほどの地域で育ったイギリス人。妻は日本人で娘も日本育ちと、日本の事情もよく理解している。このことは、日本の自動車業界関係者を驚かせた。

■ 初めての日本法人を設立

 そんなアストン・マーティンが今年1月、日本法人を設立した。アストンマーティンにとって日本は、イギリス以外では世界で2番目の販売実績を持つ市場ながら、意外なことにこれまで日本に現地法人はなく、英国アストンマーティン・ラゴンダ社のアジア・パシフィックにあるオフィスという位置づけだった。

 そもそもアストンマーティンとはイギリス人にとって特別なラグジュアリーブランドだ。過去は金に糸目を付けずに最高のスポーツカーをつくるという経営手法により、業績低迷に苦しんできた。中興の祖であるデイビッド・ブラウン氏の友人が、「友達なんだから、原価でクルマを売ってくれ」と頼んだところ、「じゃあ、定価以上になるぞ」と答えたという逸話があるほどだ。

 その長年の経営難が極まり、1970年代にはいったん破綻を迎える。愛好家の中で経営権が転々とするなか、1980年代後半にはフォード傘下となり、元BMWの取締役だったウォルフガング・ライツレ氏がヒット作となった「DB7」の生産をスタートしてプロダクト・ラインナップを再構築したのち、元マツダのCEOを務めたマーク・フィールズ氏がアストンマーティンも含めたプレミアム・オートモーティブ・グループ(PAG)のトップに転身して経営を立て直した。
(この記事は経済総合(東洋経済オンライン)から引用させて頂きました)

そういうものなのかあ?

まったくもって関心無かったですねえ?

という事で。

葉山美希さんの第3の性感帯の批判って言うからにはこれ?

↓↓





これも良いか?
↓↓
冴えない彼女の育てかた Girls Side (富士見ファンタジア文庫)




nice!(1) 

nice! 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。